社会、会社が理想に応えてくれなければ、自分で理想のワークスタイルを手に入れる!

私はOLだった4年前凄い思っていたことがあります。

 

「毎日会社に行くのが嫌だな〜」

 

ということ笑

 

 

それは、仕事が嫌いだったわけではありません。会社に行く ことが

面倒でした。

毎日決まった時間にオフィスに行く。仕事自体は全然遠隔でも出来るのに、

オフィスに行かないといけない。

 

8時間労働だとしても、通勤時間、通勤前の自分の準備などを考えると

10時間くらいは1日で拘束される時間が出てきます。

 

 

 

そこで、会社に行くという行為がとても面倒になり

(家から職場が近かったこともあり)、

「おうちで仕事が出来たら何ていいんだろう〜!!」と思っていました。

 

女性は女性特有のライフイベントで、キャリアと子育てと

選択しないといけないときが来る人が多いです。

なぜならまだ日本の社会では、ワーキングマザーを受け入れる制度が十分ではないから。

会社も、旦那さんの理解も、社会全体の制度も。

 

これは頑張ってキャリアと家庭を両立しているママから

聞いたことですし、社会問題になっているので本当のはなし、

というのは理解してもらえると思います。

 

実際、両立って本当に難しい!!!

 

問題にぶち当たったときに、人に責任を転嫁して不満を言うか、

それとも自分の道を見つけて、自分で行動していくか。

 

答えは2つに1つ。

 

 

 

社会、会社が理想に応えてくれなければ、自分で理想のワークスタイルを手に入れる!

 

それが出来る女性は賢いし、強いと思います。

 

プラスして、それがママになる前に出来ていれば最高だと思います。

 

私は今年30歳ですが、我々の世代は保守的なのだろうか、と考えることがあります。

色々考えて先回りして行動に移す。

そんな特徴のあるアラサー世代だと思います。

(25歳以下の子たちは、よりもっっと保守的だな、と感じることはあります)

 

 

① 見えている5年後10年後の未来があるなら今行動しないでどうする?

 

例えばあなたが今会社で働いているOLだとします。

その会社で働きつづけて5年後、結婚をすると言ったとき

今の仕事は続ける?辞める?

 

続ける選択をしたら、その会社は育児との両立が完璧に出来る体制があるでしょうか?

よく聞く話が、出産以前と仕事の内容が違う、責任ある仕事は子供がいると任されない

ということがあります。

 

子供が熱を出して早引きしないといけないからですよね。

 

それでもワーキングマザーとして頑張っていらっしゃる方々は多く

いらっしゃいます。

 

子供がいて今の仕事を続けられるか?考えてみると良いと思います。

 

そんなに好きな仕事でもないし、結婚・出産を機に辞めるという女性も

多いと思います。

 

少しの間専業主婦でも、その後どうするの?

ずっと生涯専業主婦でいたい?いられる?

 

今のお仕事 only =自分のキャリア だと、

上記のことが起こってくるということは目に見えています。

 

数年後の自分の未来がこのままだとそうなる、というのが

分かっていて 現状何もしない、というのは ちょっと賢くないなと思います。

 

賢い女性だったら、積極的に行動して、自分で自分の理想をとりにいくと

思います。

 

待っていて自分の理想が手に入るなんてそんな人生甘くない、ということですよね笑

私も色々スピリチュアルなことが好きで、読んだりしますが

行動なしに理想が叶う、ということはないと確信しています。

 

 

 

② 今の仕事の外に、自分のキャリアを見つける

 

私がOLのときにとても真剣に考えたことは、”市場価値の高い人材になるにはどうしたら良いか?”

ということでした。

 

その会社でずっと勤めるということは考えていなかったので、

転職をするにしても、誰からも欲されるような市場価値の高いビジネスパーソンに

なっていたいと、社会人数年目以降は常日頃思っていました。

 

市場価値の高い人材って何か?

 

色々あると思います。でも、一番はお金を作れる人。稼げる人、だと思います。

 

ビジネス、経営、仕事って結局数字にならないと意味がないと思います。

もちろん、人の生活に幸福をもたらすとか、人に感謝をしてもらう

ということはありますが、

 

経済活動というのは、価値と価値の交換。そこでお金が生まれないと

だめです。

 

いくら事務作業がプロフェッショナルでも、自分の仕事はお金を生んでいるか?

という点で考えてみると面白いと思います。

 

自分で稼げるようになりたい。

 

そういう境地に行き着いたのが私でした。

 

会社での私、以外に 私だけの力でお金を稼ぐという行為をしてみたい。

 

それは、お金を増やしたいとかそういう願望もありましたが、

それよりも、自分を試してみたい。自分がどれだけやれるのか見てみたい、

というチャレンジをしたい、という気持ちが大きかったかもしれません。

 

だから私は輸入物販という仕事を選びました。

 

自分の仕事以外に、選んだキャリア。私はそこで本業のお給料以上の

額のお金を稼げるようになり、結局本業の方は辞めることに。

 

自分がこれだけ出来る、という自信は確かなものとして成功体験になりました。

 

 

 

③ 自分の理想のワークスタイルって何か?考えると良い

 

私の理想のワークスタイルは、お家で仕事ができて、そして

パソコンがあればどこでも仕事ができる、というものでした。

 

おうちが大好きな私ですし、オフィスに通うということがない、ということが

どんだけ嬉しいか。

また、インターネット環境さえあればどこでも仕事ができる

という状況にいたい、というように切に思っていました。

だって海外も大好きだし、旅行も大好きだから。

 

 

だって前の仕事でも、それらをやろうと思えばやれたこと。

ただそれが許されなかっただけ。

分け与えられる仕事で理想のワークスタイルが実現出来ないのであれば、

自分でつかみ取りに行くしか無い、と思います。

 

私は輸入物販というお仕事でそれを手に入れました。

 

自分の理想のワークスタイルが、まだ手に入っていないのであれば、

社会、会社、人のせいにせずに、自分から動いていくこと。

 

何も変わらなければ何も始まらない。

 

「まあいっか」と行動しないで、不満ばかり言っている人、

結構多く見ます。

 

だったら行動すればいいじゃん!と思います。

(最近、私は新しいことを始めるのに恐怖や不安がない、ということが

分かりました。常に皆がそう、とは限らないですね。)

 

でも、本当にそう。行動しないと何も始まらないし、

来る未来は決まっている。

 

そんな人に一歩勇気を振り絞って違う世界を見る、ということを

してもらいたいです。

 

だって、理想のワークスタイルは本当に違う世界だから^^

 

 

 

■在宅で働く方法が ゼロから10万円まで分かるメルマガ

輸入物販の売れる商品が見つかるリサーチ動画
稼ぎ方のカラクリ♡を全貌公開!
↑上の画像をクリック!↑

 

 

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です