一般職で区切られてしまう切なさ

 

 

日頃、多くの女性と話をしていると
まだまだ男女雇用均等というのには至っていない
というのが凄く感じます。

 

一つに挙げられるのが、
”一般職”というくくり。

 

経済成長期に作られたのか?!
という制度が未だに多くの会社で
残っているというのが信じがたいですね。

 

最初に就職をしたときに、
”転居もない、責任の思い仕事は任されてない
代わりに給料も低い”
という条件で雇用契約を結ぶというものですよね。

 

女性は早く結婚して
仕事を辞めるから、この制度が
ぴったりだ、というのが企業側の考えでしょう。

 

仕事のできる女性達が、
この”一般職”という呪縛に悩まされていることが
多いということを聞くことが多いです。

 

総合職の男性、もしくは女性たちと同等の仕事、
もしくはより良い仕事っぷりでしているのにも
関わらず、
最初の契約があるために
一般職のお給料の待遇しか無い。

 

昇給もボーナスの具合も総合職の人たちとは
違う、と言ったところでしょうか。

 

会社側もそこのところを
人事評価制度を変えるなどの
フレキシブルな対応をすれば良いのに、
ということが言えると思います。

でも、この記事でも書きましたが
もう決まっていることはしょうがない。

会社、社会のせいにして不満を言っているようだったら
自分の理想は自分で手にしたほうが良いと思います。

 

「私には能力があって、仕事が出来る」
という自信は、持っていて素晴らしいと思います。

 

その自信と能力を他のもので
アウトプット出来たら、お給料の部分は
カバー出来てしまうと思います。

 

会社が副業はだめだから〜とか
そんなのはちゃんとバレないように
するとか、調べるとかすれば良いのだと思います。

 

不平不満ばかり言っていて
行動を起こさない人は、その現実を
自分が作っているということを
自覚すべきだと思います。

 

大人になると色々なしがらみ
があって行動に移しにくいというのが
あるとは思いますが

行動なしに、何も変わらないし
自分の人生を変える事ができるのは
自分だけなのです。

 

そう言って、一般職の呪縛から
逃れようと頑張って副業をやっている女性も
多くいらっしゃいます。

 

大企業でも、東京の会社でも一般職って
まだまだあるみたいで、
能力がめちゃ高いのに、という女性
いっぱいいます。

でも彼女たち頑張っています。

 

やっぱりそういう女性は、
自分の人生に腹をくくって
責任持って生きていると言えるかなと思います。

 

なぜなら、人のせいにしても
しょうがないと理解しているから。

これってとても尊敬出来ることだと思っています。

 

私自身も、
前に会社員をしていたときは
超優良な労働環境 とは言いにくいところで
勤めていました。

 

零細企業だし、いつ潰れるかわからないし、
結構何でも仕事をさせられるし。
(この点についてはあとからとても感謝すべき
ところです。なんでもやらせてもらえて良かった)

 

と言ったところで、
その場にずっといて不満だけで過ごすのか、

どう人生よく出来るのか?楽しめるのか?
ということを追求しました。

「稼ぐ力」をつけて

市場価値の高い人間になりたい。

 

そう思ってから副業を始めました。

 

その時の私は
何が何だかわからなかったけど
始めてみて、会社員生活と副業の違いに
驚き、楽しんで
どんどんやっていきました。

 

 

会社員時代のある決意と行動が
あったから今があります。

その時の自分に感謝したいと思っています。

ありがとう、自分。

 

これを読んでいるあなたが
なにか決断のきっかけになってもらえたらな
と思っています。

 

”何か不満があったら、自分から行動しよう”

 

 

■とってもお得な無料メルマガ

これだけでも10万円稼げちゃう♡無料動画をプレゼントしています
↑上の画像をクリック!↑

 

 

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です