仕事で感情の渦に巻き込まれた!その時出来る事

感情の渦に巻き込まれて、
心の状態が悪くなるときってありますよね。

 

そうなると、仕事にもプライベートにも
結構影響してくる。

 

「心の持ち様だけなのに」
と分っていても、です。

私も、多くの生徒さんとコーチングや
雑談をしていて、
自分の精神状態をフラットに保つことの
重要性を感じています。

 

イライラしたり、不安になったり、落ち込んだり、
自己嫌悪になったり…

 

そうやって自分の感情に巻き込まれる
時に、私がやっていること(ちゃんとやりたいと思っている事)
についてちょっと紹介します。

 

 

1. 感情の渦に巻き込まれている
という事に気付く

まず、出来る事は、“自分が嫌な気持ちになっていること”に
気付くことです。

 

 

この事について、四六時中考えてる…

ということをまず気付いてあげて、

 

「あ、こう思っているのね」と自分に問いかけてあげること。

 

そうすることで、
ちょっと気持ちの渦から一歩離れることができます。

 

2. 今の自分の状態を書き出す(自分の気持ちは入れずに
起こった事をそのまま書く)

 

気持ちの渦が渦巻いているときって、
現実ではないことを考えてしまったり、
全体に気持ちが沈む時は全ての事を悪く考えて
しまったりします。

 

「私はいつもこうなんだ」とか

1つのことを棚に上げて全部がそうであるかのように
考えてしまう時があります。

 

でも、そうではなくて、
実際の今の状況を書き出してみると、
そこまで深刻に考えることでもなかったりします。

 

これは、起こった事を事実を事実として
書く、ということで、感情抜きにして
考える、ということが出来るから良いのだと思います。

 

例えば、
私にもこういう事がありました。

ある古い友人から、思ってもいなかったような態度で
対応された時がありました。

理不尽だと思った対応だったので、周りの人も
私も怒ったり、悲しんだりしましたが、
「あ、私心の渦に巻き込まれている」

「彼女が取った行動は、〜をして、〜をした」
(ここに自分の主観は入れない)

そうすることで、
別に自分が気持ちを揺さぶられる必要が
ないことに気付いたりするのです。

それよりも、他に自分がやれることを
見つけたり、
気持ちのシフトが出来たりします。

「彼女も何かあったのだろう」と深堀せずに
その時は終わる事にしました。

 

 

3. あとは自分が出来る事をコツコツこなす

 

自分の状態をさらけ出したら
あとは、自分が出来ることを
コツコツこなすだけ。

「どうしよう、どうしよう」と考えていたら
前に進まないので、

 

自分が出来る事を1つずつこなして、
「大丈夫」と自分に言い聞かせる
ということですね。

 

例えば、

私の輸入物販の生徒さんにも言っています。

上手くリサーチが出来ない、
商品出品が出来ない、、、

それが不安、自己嫌悪と重なって
手が止まってしまいます。

でも大丈夫。

 

自分の状態をまず明らかにすること、
何が出来ていて、何が出来ていないのか?

という事を把握すると、

結構出来ていることを認められて
自分を褒めてあげる事が出来ます。

 

そして、サポーターである私が
大丈夫 と声をかけてあげると
安心されます。

 

それが原動力になって、続ける事が出来て
結果がでる。

その繰り返しで皆結果を出しています。

 

 

 

自分って、客観的に見ると
結構上手くいっている部分ってあるのですよね。

感情の渦に巻き込まれずに、
自分を少し離れたところから見る。

そして、上手くいっているところを認める、
これが出来ると精神状態ってフラットに保つことが
出来ると思います♪

 

 

募集中のセミナー

輸入物販ワークショップ
11月25日(土)東京
14:00〜


>>詳細を見る<<クリックする

 

 

スカイプ相談

>>詳細を見る<<クリックする

 

↑画像をクリック!海外好き女子のためのWEBメディア

 

↑画像をクリック!輸入インテリア&ファッションネットショップ

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です